セラー心得

ebay輸出:右腕腱鞘炎になるまでやりきった2015年夏。8月度リサーチ時間まったくのゼロにもかかわらず今年一番となる月別発送個数はもう確定な感じ∑( ̄□ ̄)

投稿日:

8月の4日に記事を書いたきり久しぶりの更新となります。
やっと灼熱の真夏も過ぎ去り夜ともなれば少しだけ涼しさを感じるようになりましたね。
ちょうど去年の今頃こういう記事を書きました。

2014年夏、終わりなきebayスペイン人バイヤーたちとの攻防(个_个) バイヤーとしては(((p(>;o | さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

何がきっかけとなったのか今でも思い出せないのですが、それまで色々とまんべんなく出品していたアイテム群を、最近良く記事にもしているジャパニーズアニメ関連にぐっと絞り込んだ結果、上記記事に書いたようにフランス、スペイン人バイヤー達がガツガツと食いついてくるようになりました。私自身もこの分野の知識を大量にインプットし始めたのも確かその頃でした。
私は英語本や、マーケティング、会計、その他自己啓発書等のビジネス書を読むのが好きなのですが、本棚を埋め尽くしていたそれら千冊くらいをすべてヤフオクで売っぱらい、合いたスペースにマンガ本が取って代わり始めました。

DSCN7603
DSCN7604

主要なアニメのリサーチやこのカテゴリーでおっ!このセラーセンスいいッて思う人のsold listings等のリサーチも開始し、2014年中には頭のなかに主要アニメの売れ筋商品リストみたいなものがだいたい出来上がりました。まっ画像付きの英単語覚えるような感覚ですね。

で迎えた2015年の8月なんですが、7月の後半くらいまで出品数が450あたりをウロウロしていたのを一気に500まで持っていこうと奮闘していたんですが、500あたりまでくると、ガーッと落札が入り、また450くらいにまで戻るという変な現象が2度ほど続き、やっぱ去年同様8月はよく売れるな〜ということでまたまた500まで出品数を戻そうとキーボードぱちぱち叩いていた夜中の3時頃、右腕にスーッとなんか水滴が腕の中を走るような感覚が・・・・画面に集中していたんで気づかなかったのですが、何か右腕も重だるい。
でそのあと寝ていざ目覚めても右腕が妙にだるい。おっっっとこれはまさかと思って病院に行ったらやっぱり軽い腱鞘炎ということでした。湿布薬が処方され、1,2週間ほど腕を休息させるようにと医者から言われて帰宅しました。

といってもキーボードを叩かないわけにはいきません。それに商品の梱包、発送もあるのでとてもじゃないけど右腕を休めている暇などありません。

DSCN7307

しょうがないので少しでも負担を軽減できるようにとamazonをぐぐってたらこんな商品を見つけました。

⬇スリットに親指を突っ込んで装着するだけです。
DSCN7605
DSCN7606
DSCN7607

適度な締めつけ感があります。効いてんのかどうか知りませんが、キーボード叩く時だけでもつけるようにしています。

これはちょっと反省点なんですが、ただでさえebayのinboxに問い合わせメールが毎日やってくるのに、こちらで紹介したfacebookページにもそれ以上のメールが来るようになってます。いいね数がだんだん増えて、今350ちょっとなんですが、これがネックになってきました。

ebay輸出:最強のマーケティングツール、それは自作のサンキューレター(お礼状)にあり。そのフォームをご紹介。 | さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

商品落札してくれたバイヤーさんにのみ商品とともにfacebookページのURLが入ったサンキューレターを入れてるんですんが、いいね数がまだ100くらいまでは、送ってくれるすべてのメッセージになんとか返信できていたんですが、300を超えてくると申し訳ないことに半数くらいスルーしてる状態です。マンパワーもない状態でさすがにすべてのメッセージに返事返してる余裕なんかありません。
直接取引案件のみの対応だけでもすぐに、深夜2時、3時になってしまいます。
facebookページには結構私自身の私生活的な部分も発信してるんですが、やっぱ日本人の日常生活自体が海外のバイヤーさんたちにとっては興味深いらしく、こないだこれ俺の朝飯でーすって、写真アップしただけでドヤドヤといいねやメッセージを入れてくれます。
そんないいねやメッセージが重荷になってきたので、今後はサンキューレターからfacebookページの紹介は削除しようかなっと考えてるところです。

この記事書きながらふと思ったのが、タイトルにも入れましたように8月度商品リサーチに割いた時間まったくゼロです。もう1年と半年ほどebay輸出をやってきた分の商品知識という脳内の無形財産を駆使するだけで仕入れができるようになっているからです。
確か以前、船原徹雄さんがメルマガで自分はこれまで築いてきた商品知識があるので明日資産ゼロになってもパソコンさえあればいつでもやり直せますみたいなことを書かれていたのを覚えているのですが、まさにその言葉通りの現象がおこっているわけです。
ただしこれが当てはまるのはとある商品カテゴリーに対するマニアックな知識の蓄積に限りという条件があります。
船原さんの場合、こちらで紹介したように、雑誌として1冊1冊出せるほどご自身がチョイスされた商品に対し徹底した研究をされていた人ですからね。

ebay輸出:ほとばしる疾走感、美しすぎる箱根ロード、涙を誘うチームへの絆、自転車ロードレース漫画、弱虫ペダルとebay輸入の懐かしい関係 | さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

私が今扱っているカテゴリーについてはもうリサーチ不要なくらいの太い幹に育った感があるので、また別カテゴリーの商品群を狙って行きたいと思っています。
昔バスフィッシングにハマってたんで釣具関係なんかよさそうと思ってるんですけどね。
ではでは右腕がしびれてきたんでこなへんでヾ(@⌒ー⌒@)ノ

全部読んであたりまえっしょ (n˘v˘•)¬ebay輸出本コレクション

-セラー心得
-

Copyright© さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.