ebay勉強編

ebay輸出: 週刊ダイヤモンド 2016/10/8号「国税は見ている税務署は知っている」を読んだ。"最恐"の国家組織があなたの懐をガラス張りにする日。

投稿日:

こんばんは。
先程昨日JR構内の売店でふと見かけたこちらの雑誌の特集記事を読み終えました。
おなじみ週刊ダイヤモンドです。

この国のありとあらゆる組織の食物連鎖の頂点に立つ最恐の国家組織国税庁の特集です。

思い起こせば今年は全世界の富裕層を震撼させた4月のパナマ文書公開がありました。
9月にはさらにバハマ文書も新たに公開され、ありとあらゆるスキームを駆使し租税回避を行う企業や個人富裕層の実態の表層が明らかにされることになりました。

富裕層に照準を合わせた国税の本気

週刊ダイヤモンドの特集記事PART1に書かれているのは、ここ日本でも人口減による税収減や高齢化による社会保障費増大が明らかな未来を見据え、国税庁が目を付けた、日本に5万世帯はいるといわれる超富裕層に対する国税庁の5つの施策です。

1.国外財産調書制度
2.国外転出時課税制度
3.超富裕層監視プロジェクト
4.財産債務調書制度
5.自動的情報交換制度

税逃れを企む富裕層達を補足する動きは、現在では国家間で協力体制をつくりその法整備も着々と進んでいるようですね。
上の3番めはすごいですよ。記事によれば富裕層をターゲットにする国税マンの人員を増やし、保有資産額が数億円以上で、国際的租税回避行為が想定される富裕層をピックアップし、日常的な監視を強化するそうです。

PART1後半には富裕層が愛してやまない3つの"王道"節税スキームもわかりやすい図と共に紹介されていて面白いです。
そして国税も法の穴を利用した富裕層達の節税スキームを指をくわえて眺めているわけではなく、更正処分(追徴課税)を行うケースが昨年ごろから頻発しているそうです。
裁判でまけてもいいというリスクを覚悟しながら国税当局は課税に乗り出しているという国税OB税理士のコメントが紹介されています。
金持ちは金持ちなりに大変な世の中になっていきそうです。

ちなみにPART1の記事が面白いと思われた方は以前こちらでご紹介した橘玲さんの著作をオススメします。

ebay輸出:橘玲さんの「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」を読んだ。伽藍を捨てebayというバザールに向かったのは正解だったのだ。 | さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

お金をめぐる最高レベルの知的バトルが楽しめるエンタメ小説ですから。
で週刊ダイヤモンドの分析によるとこういった富裕層に対する容赦のない課税強化は、今後控える消費税増税や配偶者控除の見直しなどで負担を強いられる一般国民に納得してもらうための"見せしめ"効果だということです。

そうですよ、スーパー金持ちかわいそう(〃 ̄ω ̄〃ゞとかってほくそ笑みながら、記事読んでる場合ではなく、その先にある国税の真の狙いは全国民への課税包囲網強化にあるという結論に達するわけです。
でPART2のタイトルが、

庶民の財布を丸裸にする税務署の野望

PART2冒頭のリードが専業主婦世帯を狙い撃ち?配偶者控除廃止のインパクトとあり、その後7ページに渡ってそもそも配偶者控除とはや、世帯年収別に配偶者控除廃止による影響のシミュレーションが詳細に記載されています。
私自身結婚していないこともあって、リアリティ欠如するのでこのあたりはさ〜〜〜っと読みましたけどね(T▽T)
でも御存知の通り配偶者控除廃止は今回見送られましたね。
そしてPART2後半は私達にも身近なマイナンバーについての記事です。

最終兵器を手にほくそ笑むマイナンバーの破壊力とは

というリードに続き納税者の懐をガラス張りにする、"最終兵器"マイナンバーの現状と今後の展開がこれまたわかりやすい図と共に書かれています。
ネットビジネス無申告者達はぜひこのPART2を読んでその恐ろしい未来を予測した方がいいと思います。
そういえば来年度の確定申告からマイナンバーの記載が始まりますね。記念すべき第一回目を体感できるわけです。まっ全然嬉しないけど(-’๏_๏’-)
そしてこのマイナンバーの進化は着々と進んでいて昨年9月の改正により18年度から預金者の任意でマイナンバーと預金口座を紐付けることが決まりました。
問題は記事に書かれているその先の話ですよ。
3年後の21年をめどに、国が口座とのひも付けの義務化に踏み切るとの観測が関係者の間では絶えないとあります。

これがしたいがためのマイナンバー制度だと思うので間違いなく義務化されるんでしょう。
てっことはですよ、国税職員があなたのマイナンバーをちゃちゃっと端末で叩けば、強制的にひも付けられたすべての銀行口座の残高が簡単に調べられるようになるわけです。
記事に例としてあがっている、贈与税逃れの封じ込めや遠隔地預金といった税金逃れの駆逐も朝飯前になるわけです。

最後PART3はもう読み物として気楽に読めばいいと思います。

食物連鎖の頂点に立つ"最恐組織の内実"

国税庁の歴史に、組織構造、人事、出世やノルマ。さらにはマルサ(国税局査察部)やリョウチョウ(国税局課税部資料調査課)の実態などについての記事です。
私はちょうど連休明けの火曜日が月一の税理士さんとの面談の日なので、話のネタにと熟読しときました(-^〇^-)

でもでもそんなスーパー富裕層も黙る国税庁にも問題点があるようで、特集記事の最後に国税が抱える四重苦として紹介されていました。
若手のコミュニケーション能力の低下や、システム化がマニュアル調査官を量産といったところが書かれていますが、このあたりは一般企業にもあてはまりそうですね。
ちなみにPART3に書かれているような国税庁、税務署の人間模様といったあたりは、以前こちらでご紹介した飯田真弓さんの著書でも描かれていました。

ebay輸出:ベストセラー「税務署は見ている」の著者、飯田真弓さんの新刊「税務署は3年泳がせる。」を読んだ。無申告ネットビジネス者達よ、これを読んでビビれ! | さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

税金を取る側も同じ人間なわけで、女子1期生として26年間、国税調査官として活躍された飯田さんの著書はオススメです。
ということで長くなりましたがこの辺でお開きに☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ebay輸出、amazon輸出で桁違いの実績を出されている紙直樹さん初の電子書籍が今なら無料ダウンロードできます。
ダウンロードはこちらからどうぞ(*^^)/~~~~~~~~~~◎

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
私みたいな有在庫セラーにオススメ!!!
◎せどりの達人ヤマケンさんと井上麻紀子さんとのコラボセミナー!!!◎
利益率80%!高利益eBay(イーベイ)輸出せどりビジネス動画講座

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
知的武装にどうぞ!無料ebay輸出情報リンク集
1.エグゼクティブクラブebay輸出マニュアルSTEP1最新版

2.輸出裏ノウハウ暴露対談

-ebay勉強編
-

Copyright© さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.